入れ歯の具合が悪い・歯を失った

LOST TOOTH

失った歯の機能を回復する方法を
一緒に考えていきましょう

私は大学時代、削った歯や欠けた歯、失ってしまった歯の機能を回復する「補綴(ほてつ)治療」に力を入れて学んできました。ですので、日常生活においての入れ歯の大切さをよく理解しています。

現在お使いの入れ歯が痛い、外れる、具合が悪いといったお悩みはありませんか?

当院では何よりも「使い心地の良い」入れ歯を作ることを第一と考えています。いつまでも、おいしく食事ができるお口の環境を維持したいとお考えの方はお気軽にご相談ください!

使い心地の良い入れ歯を作ります

入れ歯は日常的に使用するものですので、まずは使い心地の良さを優先して作ることをモットーにしています。

大切なのは「正確な型採り」と「精密な設計」です。ここを丁寧に行っていないとそもそも話になりません。そして一番重要なのが「試適」です。仮の歯を並べた状態でお口の中にセットして、噛み合わせや違和感がないかを調整していきます。この試適を患者様と相談しながら、時間をかけて丁寧に調整していくことで使いご腰の良い入れ歯が作れます。

これまで多くの方を入れ歯を作ってきて、たくさんの感謝のお言葉をいただいております。どうぞ安心してお任せください。

現在お使いの入れ歯が合わない方

現在お使いの入れ歯が痛い、外れる、具合が悪いといったお悩みはありませんか?

フィットしていない入れ歯を使い続けると歯ぐきが痩せてしまうため、どんどん合わなくなっていきます。そのため、痛みがでたり、すぐに外れてしまったりという症状がおきます。修理や調整で使い続けることができる可能性もありますので、まずは早めにご相談いただくことをお勧めします。

より使いやすく、おいしく食事ができる

※自由診療(保険適用外)

より見た目が自然な部分入れ歯(部分義歯)

保険適用の入れ歯は、クラスプ(入れ歯を固定する留め具)が金属のため、場合によっては目立つことがあります。当院では、ノンクラスプデンチャーという留め具が床(入れ歯が歯ぐきに接触する部分)と同じ材質で目立ちにくい入れ歯もご用意しています。

入れ歯だということが気付かれにくいため、入れ歯の留め具が気になって人前で口が開けられないなどのお悩みがある方には、最適な入れ歯です。

おいしく食べられる総入れ歯(総義歯)

保険適用の入れ歯は、必要最低限の噛む(食べる)機能を回復することを目的に材質などが定められています。このため、総入れ歯(総義歯)では強度を保つために厚く作る必要があります。お口の中で違和感があり、味などが感じ辛いのはこのためです。

当院では、床(入れ歯が歯ぐきに接触する部分)が金属でできた入れ歯を取り扱っています。金属は強度があるため薄くなり、また熱が伝わりやすい材質なので食事がおいしく感じられるようになったという感想をお聞きします。

 

入れ歯治療の費用

部分義歯ノンクラスプデンチャー140,000円
総義歯金属床250,000〜500,000円

治療のリスク

歯ぐきの腫れなどにより数日痛みがでる場合があります。強い力がかかると破損する可能性があります。

当院は予防歯科に力を入れて取り組んでいます

残っている歯を永く健康に保つために、定期検診を受けていただくことをお勧めします。詳しくは当院の予防歯科をご覧ください。

診療予約について

RESERVE

患者様をお待たせしないために、完全予約制とさせていただいております。お電話もしくは予約フォームから予約をお取りいただけます。

 
9:00-13:00
15:00-19:00
▲ 15:00-18:00

〒124-0004
東京都葛飾区東堀切1-6-3 アイリスガーデン堀切1階
京成線 堀切菖蒲園・お花茶屋より徒歩10分