歯ぐきから血が出る
歯がグラグラする
-歯周病・歯槽膿漏-

PERIODONTAL DISEASE TREATMENT

重症の歯周病にも対応
歯周病の健康への影響、ご存知ですか?

歯周病(歯槽膿漏)は、「歯ぐきから血が出る」「歯ぐきが腫れる」くらいの病気だとお考えではないですか?
歯周病は、細菌(歯周病の原因菌)による感染症で、35歳以上の8割が感染していると言われる生活習慣病です。細菌が歯垢(プラーク)の中で繁殖することで炎症をひき起こし、進行するとあごの骨を溶かしてしまう怖い病気です。また、細菌が血液に入ることで、狭心症・脳梗塞、動脈硬化、アルツハイマーやメタボリックシンドロームといった全身の疾患につながることもあります。糖尿病とも関係があると考えられています。

歯周病は自覚症状が出にくい病気ですので、「歯ぐきから血が出る」「歯ぐきが腫れる」といったことがあればすぐに受診してください。当院では、外科処置にも対応できますので、他の歯科医院で改善が難しいと診断された方も、是非一度当ご相談ください!

歯周病は改善できます

歯周病は、歯垢(プラーク)の中で歯周病原因菌が繁殖することで進行するため、歯周病の改善策はお口の中の原因菌を増やさないようにすることが最善かつ唯一の方法です。ですので、歯垢や歯垢が固まってできた歯石をきれに取り除いてあげることが治療の第一歩です。
当院では、超音波スケーラー(超音波の振動で硬い歯石を除去する装置)を使ってきれいに歯垢や歯石を取り除きます。

そして、その原因菌が繁殖できない状態を維持することで症状が改善されるということになります。それには、日常のセルフケア(歯磨きやフロス、ブラシによる歯間清掃)がとても重要で、当院では効果的かつ効率的なセルフケアの方法を指導いたします。

外科的処置で歯周病をくい止めます

歯根(歯の根っこの部分)に歯周病の病巣ができてしまった場合は、歯を残すことが困難になります。このような場合、一般的には部分入れ歯、インプラント(人工歯根)、ブリッジといった治療の選択となります。

当院でも、歯周病をくい止めるためにはやむを得ず抜歯をすることになりますが、場合によっては、部分的に残すことも可能です。例えば、奥歯は歯根が複数あり、その内の1本だけに病巣がある場合です。
当院では、外科的処置によって病巣のある歯根だけを部分的に切除し、上部を被せ物や、隣の歯とブリッジにして連結することで残った歯を活かします。

天然の歯を残したい方、是非一度ご相談ください。

当院は予防歯科に力を入れて取り組んでいます

お口を永く健康に保つために、定期検診を受けていただくことをお勧めします。詳しくは当院の予防歯科をご覧ください。

診療予約について

RESERVE

患者様をお待たせしないために、完全予約制とさせていただいております。お電話もしくは予約フォームから予約をお取りいただけます。

 
9:00-13:00
15:00-19:00
▲ 15:00-18:00

〒124-0004
東京都葛飾区東堀切1-6-3 アイリスガーデン堀切1階
京成線 堀切菖蒲園・お花茶屋より徒歩10分